TOP

HOMEカンバン女子のカフェ < 【ナンシーのカフェ日記-9】急かしちゃってごめんなさい

 

ある晴れの朝

 

私、今日は朝から張りきっています。
実は、KJカフェ、テイクアウトを始めました。

 

お店を設計する際、通りに面した大きな窓をつくってもらったのは、
このテイクアウト専用カウンターのためだったのです。
さっそく、カウンターの前に、テイクアウトをアピールする看板を置いて、
カウンターには、ドリンクメニューと焼き菓子のメニューを置いて、準備万端です。

念のためカウンターに、定番の「ホットコーヒー」「アイスコーヒー」「カフェラテ」の3つは、
大きめに書いて サインホルダーに入れて、置いておきましょ。パッと分かったほうが良いわよね。

早速、通勤途中のお客さんが、何名か利用してくださいました。

 

いってらっしゃい!良い一日になりますように。

 

次のお客さんは…おしゃれな女性のお客さんです。

 ―カフェラテを…

はい!カフェラテですね。

 ―あ、メニューって他にもいろいろあるんですね

ええ。色々あるので、どうぞこちらからお選びください。
A4のメニューをお渡しします。

 ―ん~、どうしようかな。ココアもいいかも。あ、カプチーノ。う~ん。

ゆっくり選んでくださいね~。…なんて言っているうちに、後ろにお客さんが2名、並んでしまいました。

 ―あ、ごめんなさい。どうしよう、えーっと、えー…あ、やっぱりカフェラテでいいです。

あら、結局カフェラテ。どうしよう、本当は色々悩みたかったわよね。
でも、お客さん並んじゃってるし…ということで、カフェラテをお渡ししました。
いってらっしゃい、良い一日を。

 

お客さんもひと段落して…何となく、モヤモヤした気持ちを引きずりながら、一息ついていると

 

 ―メニューの一覧を、見やすいところに貼ってみてはどうだい?

 

背後から声をかけられ、思わず声を上げそうになります。
やだ、コトブキさん!いつからいたの?

 

 ―テイクアウトもなかなか盛況じゃないか

 

(いつの間に…?)うん、ありがとう。そうなのよ。
嬉しいのだけど…テイクアウトのカウンターって、結構大変ね。
お客さんが並んだりすると、お客さんも私も、慌てちゃったりして。

 

 ―メニューをはじめから、見やすい位置に貼っておけば、お客さんも並ぶ前に熟考できる。

 

確かにそうね。私も経験ある。カウンターで慌てて頼んじゃって、出てくるのを待ってる間に
あ、こっちを頼めばよかった、って後悔するの。でも、カウンターでゆっくりメニュー見るのって
勇気いるわよね。

 

 ―メニューを貼るもよし、メニュー立てに置くもよし。お客さんがプレッシャーを感じないように。
  やり方はいくらでもあるさ。

 

そうね。特に初めてのお客さんには、ゆっくり、うちの店のメニューを知ってもらいたいもんね。
テイクアウトって、とても短い時間のやり取りだけど、そんな中でも、おもてなしの心が伝わるといいな。

さて、コトブキさん。今日はどんなお話を聞かせてくれるの?

 

 ―ふむ。そうだな。今研究している、猫舌理論について興味深い論文が…

 

今日も、長い一日になりそうです。

 



テイクアウトに限らず、カウンターで注文してから席につくスタイルのお店でも同じですよね。
スタッフさんの視線や、後ろのお客さんのプレッシャーは、だれでも少なからず感じてしまうものではないでしょうか。

「今日はいつもと違うもの頼んでみようかな」と思っても、結局同じものを注文してしまったり・・・
お店のホームページに全メニューを載せるのも1つの手かと思います。
あらかじめお客様がメニューを見られるような工夫をしていきたいですね!

 

 テイクアウトにおすすめアイテム

オンラインストアでは、テイクアウトカウンターで使いやすい小さなサインも多数ご用意しております。
ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

【小さなサインシリーズ】

【テイクアウトサインシリーズ】

 

→ 次の日記を読む

→ カンバン女子のカフェへ